第二回電王戦 QandA

  • プログラムの特徴

どの手をどの程度深く読むかをプロの棋譜をもとに自動調整している。
そのため読みの方針が比較的人間に近いと考えられる。
詳細は http://www.computer-shogi.org/wcsc21/appeal/tsutsukana/WCSC21_tsutsukana_20110327.pdf

  • 当日使用するマシン

デスクトップのパソコン1台を持ち込む予定。
CPUはcore i7 3930K。
宅急便で送るため途中で故障するかも。
故障等の問題があった場合にはノートパソコン(core i7 2630QM)で臨む。
その場合は演算速度が半分になるが見た目ほど影響はないはず。
(コンピュータ将棋の対局場であるfloodgateでレーティングが100点下がる程度)

  • 貸し出したソフトと当日のソフトとの差分(予定)

少し読みが深くなっている。
時間制御を長時間用に調整。
定跡の絞り込み。
最初の数手は定跡にない手を指されてもノータイムで指せるように用意している。


(後で加筆・修正するかもしれません)